ENEOS水素をつくる

水素製造出荷センターの運営

燃料電池自動車(FCV)用の水素を製造出荷しています。

水素製造出荷センターの運営 (JXTGエネルギーからの業務受託) 水素製造出荷センターの運営
(JXTGエネルギーからの業務受託)

横浜の本牧にあるJXTGエネルギーの水素製造出荷センター。ここでENEOS水素(燃料電池自動車用水素)を製造し、首都圏のENEOS系列水素ステーションへ出荷しています。

また、水素製造出荷センターは移動式水素ステーションの基地でもあり、ここから首都圏の営業拠点へ移動し営業しています。

オンサイト型水素ステーションの運営

水素をその場で作るステーションも運営しています。

 オンサイト型水素ステーションの運営 (JXTGエネルギーからの業務受託) オンサイト型水素ステーションの運営
(JXTGエネルギーからの業務受託)

JXTGエネルギーの水素ステーションの中には、ENEOS水素(燃料電池自動車用水素)を製造する装置を持ち、ステーション内で水素を製造する「オンサイト型」と呼ばれるタイプのものもあります。

オンサイト型水素ステーションの一つ、愛知県の安城尾崎水素ステーションは、製造したENEOS水素を自ステーションで提供するだけでなく、近隣のENEOS系列の水素ステーションへ出荷する機能を持っています。