代表挨拶

キレイな水素で、クリーンで快適な生活をお届けしたい

当社は、2014年10月の創業以来、JXTGグループの一員として、ENEOS水素ステーションの運営と全国最大規模水素ステーションネットワークへの水素供給を安全・安定的に行うことに尽力してまいりました。 

世界的にも先例が少ない商用水素ステーションのサプライチェーンを構築するため、これまで相当な時間と努力が費やされ、現在もその改善に取り組んでいます。当社のプロフェッショナルな従業員達は、JXTGグループとして実証時代から長年取り組んできた水素ステーションの運営や水素の製造出荷に関する知見や自動車用燃料の小売に関するノウハウを受け継ぎ、それらをさらに深化させるべくノウハウの蓄積と技術力の向上を図り続けていると自負しております。

私たちは、燃料電池自動車の燃料としての高い基準を満たしお客様にお届けできる水準となった水素を、あえて“キレイな水素”と表現し、より多くのお客様にお届けするため日夜奮闘しております。

それはなぜでしょうか。“キレイな水素”が世の中に増えていけば、ガソリン車並みの短いエネルギー補給時間で同等の距離を走行でき、しかも走行時にCO2や排気ガスを排出しないで移動する燃料電池自動車で移動する喜びを享受する人々が増えていくからです。

そのような未来につなげるために私たちは、難しいことにも、スピード感を以て、丁寧に、粘り強く、挑戦し続けていきたいと考えています。そして実現するプロセスを通じてハッピーになりたいと思います。

お陰様で“キレイな水素”は、新たな技術や環境問題に敏感な燃料電池自動車ユーザー様の増加を受けて徐々に広がりつつあります。
“キレイな水素”をお届けし、クリーンで快適な生活をより多くの皆様のもとへ。
それが、私たちENEOS水素サプライ&サービスの願いであり、その実現のために、私たちは今後とも誠実に挑戦を続けてまいります。

株式会社ENEOS水素サプライ&サービス 代表取締役社長 吉宗 雅史